Category Archives: 投資一般

高い投資リスクが軽減できる投資方法

on 2015年2月7日 by

年金不安が高まるようになり、日本では、今後、ますます公的年金の支給額が減ってしまうようになるといわれています。さらに、少子高齢化が進むことによって公的年金の支給年齢についても上がるようになるといわれています。 これでは、老後の生活において安心できないため、ゆとりある生活とするために、老後の年金不安を解消する方法が行われるようになっています。たとえば、日本では、年金づくりとして投資の活用が行なわれています。投資では、比較的にリスクが少ない投資方法が注目されるようになり、最近は、ファンドを活用した投資が人気となっています。 ファンドを活用した投資信託は、多くの人から資金を集めて金融派生商品や株や不動産に投資を行ないます。これは、少ない資金でも大きな投資に参加できるようになるため、効率よく年金を作る方法として人気となっています。 投資信託であるなら、自分で行なうよりも負担が少なくなるといった利点があります。また、高い利回りも期待できるようになるといわれています。そのことから、最近は、高い投資リスクが軽減できる投資方法として活用されるようになり、これから老後の不安を解消する方法として期待されるようになっています。 投資信託のまとめブログはこちら↑初心者から上級者まで役に立つコンテンツが揃っています。

海外ファンドの信頼性

on 2015年1月10日 by

海外ファンドは日本の投資信託と同じような金融商品で、海外に拠点を置くファンドが販売している投資信託です。海外ファンドというと危険なイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。たしかにハイリスク・ハイリターンの商品も多いですが、決してそれだけではなく、ローリスク・ローリターンのものもあれば、ミドルリスク・ミドルリターンのも数多くあります。実は一部の投資家の間では、海外ファンドは日本の投資信託よりも安全とも言われています。というのも海外ファンドは日本人が買えるように、海外のたくさんの投資家が買っています。世界の投資家達はとても金融商品をシビアに見ており、悪い結果ばかりのファンドは認めません。自分たちが投資する価値がないと思われたらそのファンドは生き残ることができませんので、安全性は広く認められています。 海外ファンドはIFAというファンドマネージャーを介して買うことが多いです。IFAはどの金融機関にも属さないので、中立的な立場でファンドの提案を行ってくれます。また、海外のIFAは世界中に存在しますが、香港のような金融大国では優秀なIFAが多いです。投資家一人ひとりのニーズにマッチした金融商品の提案が受けられるというメリットもあります。

ヘッジファンドとサブプライムローンの関わり

on 2014年12月13日 by

ヘッジファンドは広くたくさんの投資家を集めて資金を集める投資信託とは異なり、機関投資家や富裕層など、限られた一部の投資家から資金を調達し、信用取引や先物取引など、様々な手法で運用する投資信託のことを言います。一般的な投資信託と異なる点として、ヘッジファンドは常に利益をあげるために動いています。 たとえば一般的な投資信託の場合、市場の相場価格が下落している傾向にあれば、損失を抑える為の動きをしますが、ヘッジファンドの場合は市場の相場価格が上昇傾向にあろうが下落していようが常に投機的なスタイルで利益を追求させる動きをします。 ヘッジファンドはリスクを抑えるための動きとしてデリバティブを駆使するとされています。しかし、あくまでも利益を最優先しているので、一般的な投資信託はリスクを抑える傾向にありますが、ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンな運用方法とも言われています。 リーマンショックの原因にもなったサブプライムローンですが、ヘッジファンドの多くはサブプライム証券にも関わっていました。その後、アメリカの住宅バブルが崩壊し、アメリカの大手ヘッジファンドが多額の損失を出しました。それがキッカケとなり、金融不安が拡大され、2009年にはヘッジファンドの動きに一部規制を掛けるようになりました。 どこよりも詳しいヘッジファンドの情報サイトはこちら↑役に立つ情報が満載のメディアです。

投資信託は初心者向けの投資

on 2014年11月29日 by

将来のための資産運用の一貫として投資を始めてみたいと思う方もいらっしゃることでしょう。しかし、はじめての投資というと難しい金融の知識が必要だったり、リスクが気になったりなど様々な不安を抱えると思います。そんな方でも比較的はじめやすいとされるのが投資信託です。 投資信託は購入すると投資家が運用するのではなく、運用のプロであるファンドマネージャーが運用します。投資信託というなの通り、投資を信じて託すというのが投資信託ですので、特別難しい株や債券などの知識は必要ありません。投資信託はたくさんの投資家から集めたお金をひとつの大きな投資資金として株式や債券などの資産に投資を行います。 投資信託によって得た利益は手数料などが差し引かれた上で、投資家に分配されるようになっています。素人の投資家が運用するのではなく、ファンドマネージャーが運用するということもあって、安心してはじめられるようになっています。また、少ない金額ではじめることができ、一般的には1万円程度からといわれていますが、最近では500円や1,000円などの金額からはじめることができる投資信託も販売されるようになりました。これによって投資信託がより投資が身近になりました。

ミドルリスク・ミドルリターンのJ-REIT

on 2014年11月16日 by

J-REITという投資はご存知でしょうか?J-REITは日本版不動産投資信託のことで、不動産投資を行うための特殊な法人形態をとっています。J-REITはたくさんの投資家から集めた資金を元に、不動産を購入して、その不動産が得るテナント料などの賃貸収入をメインの収入源としています。得た収益はそれぞれの投資家に対して分配されます。 利益を分配する仕組みは通常の株式会社とよく似ていますが、異なるポイントとしては、所有する資産は75%を不動産で保有しなくてはならないことと、利益の90%以上を投資家へ配当することで法人税が免除されるという特別なルールがあります。 J-REITは一般的にミドルリスク・ミドルリターンと言われています。収入源がテナント料などの賃貸収入ということで、大きな値動きはありませんが、収益源が安定していることからミドルリターンと言われています。しかし、国債のように元本は確保されていませんので、ローリスクとも言い切れません。 J-REITは証券取引所に上場されており、株式と同じような形で価格が定められます。しかし。先に挙げたように安定した収入源があることで値動きはとても緩やかなものとなっています。

リスクを減らすなら分散投資をしよう

on 2014年10月29日 by

投資に興味があり、失敗せずに運用したいと考えている人もいらっしゃるでしょう。 これをやっておけば絶対に失敗しない、という方法はありませんがある程度低くする方法ならあります。それは分散投資を行なうということです。 分散投資は一つの銘柄や商品だけを購入するのではなく、国内外の商品や様々な銘柄を複数購入することによってリスクを避ける投資手法の一つです。 例えば元本が100万円あり、A社の株式を100%購入した場合と、A社の株を20%、B社の株を15%、投資信託を20%、国債を35%などと分散しておく場合とを比較しましょう。 購入当初はA社の業績が上がりリターンを得ていたのですが、急激に業績が悪化し株価が暴落してしまいました。 その場合、前者では100%の損失を受けるのに対し、後者では20%分しか損失を受けることがありません。仮に一つの銘柄が悪化しても、他の分にも投資しているので、損失額が少なくて済むのです。 一方でデメリットもあります。業績が急激にアップした場合においては、前者の方がたくさんの利益を手に入れることが出来るのです。 このようにリスクを分散し、損失額を最小限に抑えることが出来るのが分散投資です。 お役立ちブログはこちらから分散投資について徹底解説しています。

インデックスとアクティブの違い

on 2014年10月14日 by

投資の手法には、インデックス投資という方法とアクティブ投資という方法があります。この二つは投資に対する考え方自体にも違いがあるものなので、どちらを採用するのかによってその後の投資における動向というものが大きく変わることになります。 インデックス投資というのは、ダウ指数に代表されるような株式相場を示すインデックスを元にして投資を行うという方法です。より具体的には、このインデックスに追従する形で、近づけるように投資を行なっていくことになります。そのため、全体的な動向から大きく引き離されることはありません。利益も損益も、いずれもでたとしても小さく収まるというのがインデックス投資の特徴ということになります。 対してアクティブ投資というのは、自分の実力でもって投資を行う方法です。より利益が出ると考えた時にはインデックスからあえて離れるような投資を行う場合もあります。当然ながら利益も損益も大きくなります。しかし、実際にインデックス投資を行なっているファンドとアクティブ投資を行なっているファンドを比べてみると、最終的にはインデックス投資のファンドの方が利益を出しているという統計もあり、選択は難しいと言えるでしょう。 富裕層事業を営む高岡壮一郎氏の記事を見つけました。