Monthly Archives: 12月 2014

ヘッジファンドとサブプライムローンの関わり

on 2014年12月13日 by

ヘッジファンドは広くたくさんの投資家を集めて資金を集める投資信託とは異なり、機関投資家や富裕層など、限られた一部の投資家から資金を調達し、信用取引や先物取引など、様々な手法で運用する投資信託のことを言います。一般的な投資信託と異なる点として、ヘッジファンドは常に利益をあげるために動いています。 たとえば一般的な投資信託の場合、市場の相場価格が下落している傾向にあれば、損失を抑える為の動きをしますが、ヘッジファンドの場合は市場の相場価格が上昇傾向にあろうが下落していようが常に投機的なスタイルで利益を追求させる動きをします。 ヘッジファンドはリスクを抑えるための動きとしてデリバティブを駆使するとされています。しかし、あくまでも利益を最優先しているので、一般的な投資信託はリスクを抑える傾向にありますが、ヘッジファンドはハイリスク・ハイリターンな運用方法とも言われています。 リーマンショックの原因にもなったサブプライムローンですが、ヘッジファンドの多くはサブプライム証券にも関わっていました。その後、アメリカの住宅バブルが崩壊し、アメリカの大手ヘッジファンドが多額の損失を出しました。それがキッカケとなり、金融不安が拡大され、2009年にはヘッジファンドの動きに一部規制を掛けるようになりました。 どこよりも詳しいヘッジファンドの情報サイトはこちら↑役に立つ情報が満載のメディアです。