インデックスとアクティブの違い

on 2014年10月14日 by

投資の手法には、インデックス投資という方法とアクティブ投資という方法があります。この二つは投資に対する考え方自体にも違いがあるものなので、どちらを採用するのかによってその後の投資における動向というものが大きく変わることになります。

インデックス投資というのは、ダウ指数に代表されるような株式相場を示すインデックスを元にして投資を行うという方法です。より具体的には、このインデックスに追従する形で、近づけるように投資を行なっていくことになります。そのため、全体的な動向から大きく引き離されることはありません。利益も損益も、いずれもでたとしても小さく収まるというのがインデックス投資の特徴ということになります。

対してアクティブ投資というのは、自分の実力でもって投資を行う方法です。より利益が出ると考えた時にはインデックスからあえて離れるような投資を行う場合もあります。当然ながら利益も損益も大きくなります。しかし、実際にインデックス投資を行なっているファンドとアクティブ投資を行なっているファンドを比べてみると、最終的にはインデックス投資のファンドの方が利益を出しているという統計もあり、選択は難しいと言えるでしょう。

富裕層事業を営む高岡壮一郎氏の記事を見つけました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>